心理カウンセラーに向いているタイプ・向いていないタイプ

向き不向きは自分の心が決める

どんな人がカウンセラーに向いているのか、いないのかということは、結局のところ自分自身が決めると言っても過言ではありません。

 

実際に現在、カウンセラーとして働いていても、時々は迷ってしまうことだってあります。

 

そんな時、自分にはこの仕事は向いていないのではないかと考えてしまうことが多々あるのです。

 

あなた方の中には、人間関係に関することを仕事として扱って良いのだろうかと考える人もいると思います。

 

それも仕事となると責任感がついて回るわけで、そのことから苦しくなることだってあると思います。

 

そんな時は何もかもを投げうってでも逃げたくなるかもしれません。

 

それとは反対に、クライエントが徐々に明るくなったり、お互いに信頼関係を築けていると感じられればこの仕事が向いていると感じることもあるでしょう。

 

このように、状況によって向いているか向いていないかは大きく変わるのです。

 

ですから、カウンセラーに向いているかいないかというのは他人が決めるものではなく、自分の心が決めると言っても良いでしょう。

 

もしあなたが面倒な人間関係でも逃げることなくしっかりと向き合っていき、その中で生まれる人間関係の学びを発見するために、自分の心をしっかりと見つめ、カウンセリングをしようと思えるのなら、ぜひカウンセラーを志してもらいたいと思います。

 

また、謙虚な姿勢で、人との関わりや出会いについて学ぼうとする姿勢を持っている人にこそ、カウンセラーになってもらいたいと切に願います。